日本の美しいお城 その1 松本城と犬山城


日本全国には12の現存天守があります。
現存天守というのは全て、もしくは一部が創建当時(たいていの場合は江戸時代1603-1868に建てられた)のまま残っているもの。
その中にはUNESCOの世界遺産に登録されている姫路城などがあります。
今回は12のお城の中で、筆者がもっとも気にいっているお城を二つご紹介しましょう。

まずは長野県松本市にある松本城です。
別名を烏城といい、その名の通り、まっ黒なお城。


凛々しい姿ですね。このお城、最も美しいのは桜の咲く時期。
背景には雪をかぶったアルプスが聳え立ち、色合いのコントラストもステキなお城です。

是非とも日本滞在中には訪れて頂きたい場所だと思います。

さて、もう一つご紹介するのは愛知県にある犬山城です。
このお城が素晴らしいのはそのロケーション。
木曽川沿いの小高い山の上に聳え立ちます。


天守からの眺めもとっても美しい!

まだそこまで外国の方々に知られていないのがとっても残念です。
名古屋からのアクセスもいいので、こちらもお勧めできるお城です。


松本城も犬山城も日本で5つしかない国宝に指定されたもの。
ツアーでは現在松本城に立ち寄るものを準備しておりますので、ご興味がある方は是非参加してみて下さいね!

松本城を訪れるツアーはこちらから










Peak-Experience-Japan
PEAK (JP)